2019年度 四天王寺中学入試問題【算数】大問4解説

図のように、ある規則にしたがって、整数0.1.2.3.4.5.6.7.8.9…を順に並べます。

(1)
0を囲む1.2.3.4.5.6.7.8の8個の数を1周目の数とします。
1周目の数を囲む9から24までの数を2周目の数とします。
このように囲むとき、5周目の数の和はいくらですか。

(2)
0の位置から右に2、上に3の位置にある数は29です。
0の位置から左に5、下に4の位置にある数は何ですか。


@解説@

1周目の1辺は数字が3個。
魔方陣の要領で、周りの数は(3-1)×4=8個
2周目は数字が5個で、周りは(5-1)×4=16個

1周目 1~8 8個
2周目 9~24 16個
3周目 25~48 24個
4周目 49~80 32個
5周目 81~120 40個
(81+120)×40÷2=4020


まずは位置確認。

左下のマスが答え。自力では厳しそう・・。

奇数の平方数を発見!
121-10=111

@別解@
もっとダイレクトに近づけないか・・。

【0、6、20、42・・】
増加数→+6、+14、+22・・
増加数の増加数→+8、+8、+8・・!!
増加数は、+6、+14、+22、+30、+38と増えていくので、
【0、6、20、42、72、110・・】
よって、110+1=111

難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA