2020年度 女子学院中学入試問題【算数】大問4解説

図のように、半径3cmで中心角が90°のおうぎ形と、
1辺の長さが3cmのひし形を組み合わせた図形を底面とする、高さが6cmの立体があります。

点Pは、1→2→3→4→5→6→7→8→9→1の順で線に沿って動きます。点Pが6cmの辺上を動くときの速さは、3cmの辺上を動くときの速さの2倍です。上のグラフは、点Pが進んだ時間(秒)と道のり(cm)の関係を表したものです。グラフのア、イ、ウの空欄にあてはまる数を入れなさい。


@解説@
ちょっと変わっている
数量変化のグラフ問題。

グラフの意味を確認。
Pは1から順番に動き、1に戻ってくる。
グラフの原点がスタートの1で、最後がゴールの1。あいだは2~9。
グラフが急なところは6cm、緩やかなところは3cm。
Pが6cmの辺上を動くときは3cmの辺上を動くときの速さの2倍なので、
6cmと3cmの辺上を動く時間は同じだから、横軸は等間隔になる

ウから攻める。
ウは1~4までにPが動いた距離。
6+3+3×2×3.14×1/4
=9+4.71=13.71cm(ウ)

イが中途半端な場所なので、先にアを処理する。
アは1周したPが動いた距離の合計。

長さは正確に!
図では奥行きが高さと同じ長さのように見えるが3cmです。
13.71+6+3+6+3+6+3
=40.71cm(ア)

扇形の弧を通る3-4間が曲者なので、そこを避けるために後半の5-1間を狙う。
このとき、Pが通る5辺はどれも時間が等しいので、各辺を通過する時間は、
(16.71-9.21)÷5
=7.5÷5=1.5秒

イはアに近いので、イの値はアから引き算すればいい
14秒後から、Pが9に到着するまでの時間は、
16.71-14-1.5=1.21秒

8-9間でPは1.5秒で6cm移動するので、
?=6×1.21/1.5=4.84cm
したがって、40.71-3-4.84=
32.87cm(イ)

ア:40.71 イ:32.87 ウ:13.71
難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA