2015年度 群馬県公立高校入試【理科】解説

問題はコチラから→東京新聞さん

大問1(小問集合)

(1)蒸散
*酸素や二酸化炭素の出入り口にも。”水蒸気”という状態も覚えておこう。

(2)オ
*丸い種子をつくる純系をAA、しわのある種子をつくる純系をaa。
これを掛け合わせるとAaとなり、優性の法則から全て丸い種子となる。

(3)ア
*地球の自転により星は1日360度動いて見えるが、
地球の公転からさらに1日約1度ずつ西へ動いてみえる。
つまり、1日約361度回転
同じ地点で観測した同じ星が、昨日と同じ場所にくる時間は次第に早まっていく。
同じ時刻に同じ地点で観測した同じ星は、次第に西側に移動していく。
北半球の南の空で季節によって星座が変わる理由。

(4)等粒状組織
*記述式。千葉でも同じ問題がでた。

(5)吸熱反応
*水酸化バリウム+塩化アンモニウム→アンモニア+塩化バリウム+水
この反応式がわからなくても、「温度が下がる反応」で察知。

(6)220g
*公式を忘れても、密度の単位がg/cm3密度=質量÷体積)とわかるから、
密度×体積=質量とわかる。

(7)①ア ②ウ
*入射角の位置は間違いやすい!教科書を確認してみよう。
物体と光の道の間ではなく、法線と光の道との間の角が入射角・反射角である。

(8)6W
*けっこう処理が多い。
斜辺と平行な分力モーターが物体をひっぱり上げる力=質量×高さ/斜辺
3kg×4/8=1.5kg=1500g=15N
仕事(J)=N×mだから、15N×8m=120J
仕事率(W)=仕事(J)÷時間(秒)だから、120÷20=6W

大問2(小問集合2)

A(1)解答例:蒸留水ではデンプンが分解されないこと。
*解答はそのままだが、他のことを書いてしまった人も少ないないのではと思う。
「デンプンがあればヨウ反応で青紫色になる」「微生物がいないとデンプンは食べられない」など。
しかし、比較実験では調べたいもの以外は同じ条件にしなければならない
Aは蒸留水のみ、Bは蒸留水+上ずみ液。
もし、蒸留水でヨウ素反応が起こってしまったら比較ができない。
比較実験の前提条件を書くべき。実験結果を書いてしまっても×。

(2)解答例:微生物がデンプンを分解したから。
*デンプンは炭水化物。生物のエネルギーとなる物質
”微生物のはたらきに着目”なので分解があった方がベター。

(3)①無機物 ②分解者
*食物連鎖のお話。意外と①を書けなかった人は少なくないかもしれない。
植物は光合成により無機物(水・酸素など)から有機物(デンプン)を生成する
それを動物が摂取する。一般的に、有機物は無機物よりエネルギーが大きい
動物の死骸(有機物)を分解者が細かく分解し、無機物として土に戻っていく。

B(1)ウ
*助燃性。可燃性だと水素。
酸素自身は燃えません。イは窒素(ちっそ)。

(2)①2 ②2
*化学反応式。物質の化学式が書かれてあるので、あとは係数の記入だけ。
HとOの数が右辺左辺で等しくなるように調節する。

(3)質量は減少する。 解答例:フタをあけると気体が容器の外に出ていくから。
*質量保存の法則から化学反応の前後で質量の変化なし
ただし、化学反応で気体が発生すると空気中に気体が逃げてしまえば、その分質量が減る。
二酸化マンガンとオキシドールとの反応で酸素が発生し、容器内の気圧は上昇する。
フタをあけると、酸素や容器内にもともとあった空気がプシューと抜けていく。

C(1)熱帯低気圧
*熱帯で発生した低気圧だから。
平均最大風速が17.2m/s以上になると台風と呼ばれる。

(2)偏西風
*ジェット気流として航空で利用。

(3)イ 解答例:北半球で低気圧は反時計回りで渦をまき、9時を境に南東よりから南西よりの風となったから。
*風は高気圧から低気圧に向かって吹く
また、北半球では風向が右に傾斜して台風は反時計回りにウズる。
これはコリオリの力とよばれる。”反時計回り”を意識すればイとわかりやすい。
理由が書きにくい。9時を境に東から西に変化するので、これが書きやすいかもしれない。
また、”反時計回り”に注意すれば、アの地点であれば9時の段階で、やや東北東。
12時では北東の風向となるはず。そこから消去法でイと判断してもOK。

D(1)A:5cm  B:6cm
*表をみると、0.25Nのおもりをつるすたびに、Aは2cm、Bは1cmのびている。
0.25Nのとき、Aの長さは7cm。よって、Aは7-2=5cm
同様に、0.25Nのとき、Bの長さも7cm。7-1=6cm

(2)公式解答参照
*「0.25Nのおもりをつるすたびに、Aは2cm、Bは1cmのびている」。
表を見ながらプロット。Aと比べて傾きが半分になるはず。

(3)①Aに75g=0.75Nつるすので、(2)のグラフから6cm
②滑車の質量は75gだが、この定滑車は天井が支えてくれている
ばねBは、おもり75gの力がかかる。
よって、(2)のグラフから0.75Nのところをみて3cm。
③おもり+動滑車=75g+75g=150g
これを、ばねBと糸で支えるから、ばねBにかかる力は150÷2=75g
(2)のグラフより、3cm。



大問3(脊椎動物)

(1)A:エラ B:変温
*A魚類から即答。B鳥類と哺乳類のみ恒温。

(2)①解答例:魚類や両生類の卵にはカラがないが、ハチュウ類や鳥類の卵にはカラがある。 ②C、D
*①やや難。
知っていればラッキーだが、知らなかったらイクラやカエル、ニワトリの卵を思い浮かべる。
表Ⅰにもあるように、魚類や両生類の卵は水中だが、ハチュウ類や鳥類の卵は陸上で生む
陸上の卵にカラがなかったら、つぶれたり乾燥していまう。これを防ぐのがカラの役割。
②鳥類と哺乳類の違い。人間と鳥を思い浮かべればいい。
肺呼吸で恒温動物であるのは同じ。
哺乳類は胎生。母体から産まれる。表面は毛・皮膚でおおわれ、羽はない。

(3)①相同器官 ②ウ、カ ③解答例:各々が生息する環境に適するような進化をとげたから。
*①外見や働きが似ており、起源が同じ器官のこと。
反対に、相似器官は外見や働きは似ているが、起源が異なる器官。
②人間の肘~手の間は2本の骨がある。つまり、2本平行して並んでいるものを選べばGOOD。
③生物と環境の関係。
ダーウィンの「種の起源」によれば、環境に適合しないものは自然淘汰(とうた)で絶滅する。
現在の生物のつくりは、環境に適合するように進化していったといわれている。
生物の基本の考え方なので覚えておこう。

大問4(地震)

(1)主要動
*S波到着による振動。横揺れでエネルギーが大きい。

(2)活断層
*時事問題的な。原子力規制委員会の原発再稼動のニュースでよく出てくる。

(3)①120km ②16時22分53秒
*①初期微動継続時間は、23:28-23:13=15秒。
図Ⅱから、P波とS波の間が15秒となる地点は、震源から120km地点。
②前問から、観測地点Aは震源120km地点であり、
グラフからP波は地震発生から20秒後に到着。
観測地点Aの初期微動がはじめて観測されたのは16時23分13秒だから、
ここから20秒をひく。

(4)7.5秒
*震源距離が30kmの地震計がP波をとらえるのは、グラフから地震発生後5秒後。
地震計のP波キャッチから速報が流れるまで、さらに5秒かかる。
よって、地震発生から10秒後に速報が流れることになる。
グラフで震源距離60kmをみる。
地震発生から10秒後に速報(同時にP波がやってきて初期微動)。
地震発生から17.5秒後にS波が到着し主要動。よって、17.5-10=7.5秒
思考型の問題が続き、知恵熱がでる。

大問5(電気分解)

(1)①ア ②H+
*塩酸の電気分解。HCl→H+(水素イオン)+Cl(塩化物イオン)
陰極だから、陽イオンである水素イオンが移動していく。イオン式で記入なのでH+。
酸性は青リトマスを赤に変える。水素イオンが酸を示すので、陰極に赤色の染みが広がる。

(2)HCl+NaOH →NaCl +H2
*化学反応式。代表的な中和反応の化学式なので覚えておこう。

(3)解答例:水酸化ナトリウムとの中和反応によって、水素イオンの数が減少したから。
*水素イオンがないと×。酸が弱まっていく。

(4)解答例:水酸化物イオンが残り、アルカリ性となったから。
*これも水酸化物イオン(OH)がないと×。BTBが青=アルカリ性

大問6(電磁誘導)

(1)①電磁誘導 ②誘導電流
*ファラデーの電磁誘導。誘導電流もきちんと書けたかな?

(2)エ
理由)解答例:台車はコイルAよりコイルBを速く通過するので、磁界の変化が大きくなり、電圧も大きくなるから。
*Bの方が速く通過するのは加速度。加速度は時間に比例する
また、力学的エネルギー保存の法則から、コイルBの通過時は運動エネルギーが大きいと説明できる。台車(磁石)が速く動くと磁界が素早く変化し、電圧も大きくなる
記号はイかエで迷うかもしれない。
コイルBはすぐ通過するので、Aと比べて電圧が変化する時間が短い。

(3)イ
*電磁誘導の基本は、近づこうとすると離そうとする。離れようとすると近づこうとする
面倒くさい人間みたいですね(笑)
コイルの上側の極を考える。
初期値の電圧は0。
Nが近づくのでN。90°回転で0。Nが遠ざかろうとしてS。180°回転で0。
Sが近づくのでS。270°回転で0。Sが離れようとしてN。360°回転で0。
以下、繰り返し。
整理すると、コイルの上側は、0→N→0→S→0→S→0→N・・・
この並びはイしかない。
図Ⅴで使用するコイルの巻き方が実験1、2で使用するコイルと同じ方向の巻き方なのか定かでないが、同じであるとすればオシロスコープからN極がつっこむと電圧が+に向かうのでイとなる。
公立高校入試解説ページに戻る

◆menu◆ 公立高校入試…関東圏メイン。千葉だけ5教科あります。%は正答率。
難関中算数科…中学受験の要。数学とは異次元の恐ろしさ(;´Д`)
難関中社会科…年度別。暗記だけじゃ無理な問題がいっぱい!
難関中理科…物化生地の分野別。初見の問題を現場思考でこなせるか。
難問特色検査…英国数理社の教科横断型思考問題。
センター試験…今のところ公民科だけ(^-^;ニュース記事だけじゃ解けないよ!
勉強方法の紹介…いろいろ雑記φ(・・。)
QUIZ…☆4以上はムズいよ!
◆スポンサードリンク◆
株価が爆上げした『すららネット』様(*'ω'*)


noteも書いています(っ´ω`c)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote
サボのツイッターはコチラ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA