2019年度 愛知淑徳中学入試問題【算数】大問5解説

次のグラフ①と②は、春子さんが自宅を自転車で出発してから、15.5km離れたおばあさんの家に途中2回休けいをとりながら向かう様子をそれぞれ表したものです。休けいの1回目は公園で5分間、2回目はコンビニエンスストアで8分間とりました。2回目の休けいの後は、公園からコンビニエンスストアの間の速さの5/8倍の速さでおばあさんの家に向かいました。

(1)
自宅から公園までのきょりは何kmか求めなさい。

(2)
春子さんが自宅からおばあさんの家に着くまでに、
全部で何分かかったか求めなさい。


@解説@
(1)
グラフ②より、自宅~公園は分速300mで20分。
300×20=6000m=6km

(2)
情報をグラフに書き込もう!

おばあさんの家に着いた時間を知りたい。
公園~コンビニ:6kmを速さ⑧で15分。
コンビニ~おばあさんの家:3.5kmを速さ⑤で何分かかるか?

3.5kmを速さ⑧で走る時間は、15分×3.5km/6km。
時間の比は速さの逆比。
これを速さ⑤で走ると、15分×3.5/6×⑧/⑤
=14分
したがって、全部で、40+8+14=62分かかる。
難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA