2017年度 鎌倉学園中学入試問題【算数】大問5解説

同じ大きさの立方体をいくつか積み上げて立体を作りました。その立体の
(A)真正面から見た図(B)真上から見た図(C)真横から見た図
を見て、何個の立方体からできているか答えなさい。
ただし、使う立方体の個数は最も少ない個数を考えます。

(1)

(2)

(3)


@解説@
(1)
見慣れた形式だが、例題をきちんと読もう!

十字の真ん中の立方体がない!w(゚Д゚)w
(B)では真ん中にも立方体があるようにみえるが、
これは周りの4つの立方体の辺にあたる。
最も個数が少ないパターンを考えるので、なるべく0を多くつくる

この手の問題は、真上から見た図に数字を記入しよう
2つ積む場所は中段左。
外周は必ず1個ずつ配置。真ん中0で構わない。
よって、9個。

(2)

2を先に決める。外周は1。中心付近に0を多く配置させる。
15個

(3)

青線のなかに2段が2つ、赤線のなかに2段を3つつくる。
0が最多になるパターンはうえの図。
23個
*3つの2段は別の配置パターンもあるが、0が4つに減ってしまう。

難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA