2018年度 女子学院中学入試問題【算数】大問6解説

ある店で、びん入りのジュースを売っています。
この店では、飲んだあとの空きびんを6本持って行くと、
新品のジュース1本と交換してくれます。
160本のジュースを買うと、空きびんと交換したジュースを含めて、
全部で〔  〕本のジュースを飲むことができます。
また、160本のジュースを飲むためには、
少なくとも〔  〕本のジュースを買う必要があります。


@解説@
中学受験では頻出の設定ですが、ブログ未掲載ゆえ採用させて頂きましたm(_)m
160本を買い、空き瓶6本ごとに1本追加でもらえる。
160÷6=26…4(新品26本+空き瓶4本)
(26+4)÷6=5(5本では新たに貰えないので終了)
よって、160+26+5=191本

@別解@
初めに6本飲むと、以降は5本で飲めるようになる。
はじめに買ったジュースを○、交換でもらったジュースを●とすると、
○○○○○○ ●○○○○○ ●○○○○○ ●○○○○○…
●を含むグループの個数を求める。
○の数から、(160-6)÷5=30…4
●○○○○○は30個ある。
6本のグループは、最初の○だけのグループを含めて31個。
最後のグループの6本でもう1本追加でもらえ、さらに余りの4本を足す。
6×(30+1)+1+4=191本

@@@
後半も同様。
○○○○○○ ●○○○○○ ●○○○○○ ●○○○○○…
○と●を合わせて160本となる。
160÷6=26…4
6本のグループが26個あるので、
交換してもらう●は最初のグループを除いた25個のグループのなかにある1つずつと、
最後のグループの交換でもらえる1本を合わせて26本。
したがって、購入する本数〇は、160-26=134本

難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA