2020年度 甲陽学院中学1日目入試問題【算数】大問2解説

次の(1)、(2)の図は同じ大きさの正方形を並べたものです。
この図の中に正方形、長方形(正方形をふくむ)は、それぞれ何個ありますか。

@解説@
問題はシンプルですね( ´艸`)

(1)
■正方形■
1×1…5×5=25個
2×2…1辺あたり、4つの組み合わせ。
4×4=16個
3×3…3×3=9個、4×4…2×2=4個、5×5…1個

25+16+9+4+1=55個

■長方形■
地道に数えていくと時間が足りない(; ̄Д ̄)

四角形の辺の数は、縦2本、横2本。
たとえば、うえの図で縦の辺はA~FのうちBとEを、
横の辺は1~6のうち2と4を選ぶと赤い四角形になる。
6つのなかから2つを選び、これを2回行う。
62×62=225個
*解法テクニックとして覚えておこう!

(2)
■正方形■

左下の正方形を使う正方形は5個。
右下の正方形を使う正方形も同様に5個。
ベン図処理と同じように、左下と右下の両方使う正方形1個を引くこと!
55-(5+5-1)=46個

■長方形■

左下の正方形を使う場合、縦の辺はA、横の辺は6が確定。
残りは、5×5=25個
右下の正方形も同様に25個

左下と右下を両方使う場合は、A・F・6が確定なので、
もう1つの横の辺が1~5の5通り。
225-(25+25-5)=180個

難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA