2020年度 ラ・サール中学入試問題【算数】大問4解説

2020と整数Aの積について、次の問に答えなさい。

(1)Aが6けたの数333333のとき、
(ア)何けたになりますか。
(イ)各位の数のうち、数字3は何回あらわれますか。

(2)Aが100けたの数333…333のとき、
(ア)何けたになりますか。
(イ)各位の数の和はいくつですか。


@解説@
(1)
333333×2020の桁数を求める。
数字の並びから、繰り上がりはないと想像できる。

機械的に手を動かした方が速い(;^ω^)
(2)の布石にもなるので、積を出しておこう。
9桁…(ア) 3回…(イ)

↑0の段を作るとこうなる。

(2)(ア)

↑2020の1の位の0を右に独立させた。
『666・・・666』が100桁ずつある。
桁ズレに気を付けて並べると103桁。

(イ)

3の部分が連続する
100桁の部分から〔2・6・6〕を除いて、3は97回あらわれる。
6+7+3×97+2+6+6=318
*(1)イで3が6桁のとき、6-3=3回あらわれたので、
3が100桁のときは3が100-3=97回あらわれる、という出題意図かもしれない。
難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA