2020年度 東京都市大学付属中学入試問題【算数】大問3解説

下の【図1】は1辺の長さが3cmの正三角形を4つ組み合わせてできた三角すいで、
【図2】は、1辺の長さが1cmの正三角形を4つと、
1辺の長さが1cmの正六角形を4つ組み合わせてできる立体の展開図です。
あとの問いに答えなさい。

問1
【図2】を組み立ててできる立体の体積は、【図1】の三角すいの体積の何倍ですか。

問2
【図2】を組み立ててできる立体を、点A、B、Cを通る平面で切り、
大きい立体と小さい立体に分けました。
このとき、(大きい立体の体積):(小さい立体の体積)を、最も簡単な整数の比で表しなさい。

問3
問2で2つに分けた立体について、(大きい立体の表面積):(小さい立体の表面積)を、
最も簡単な整数の比で表しなさい。


@解説@
問1

↑これを作図できないと全て落としてしまう(;`ω´)
1辺3cmの正三角錐の4つの頂点で、1辺1cmの正三角錐を切り落とす。
すると、4つの正三角形、4つの正六角形で構成される八面体ができあがる。
初見だとややこしい図形だが、中学受験生であればどこかのタイミングで触れておきたい。

1辺3cmの正四角錘の体積を3×3×3=27とすると、
うえの図形の体積は、27-1×1×1×4=23
よって、23/27倍。

問2

点の位置は正確に!
底面の正六角形でBとC、側面の正六角形でCとAは対極にある。
A・B・Cを通る断面は正三角形となる。


小さい立体の体積は、1辺2cmの正四角錘ABCDから①をひく。
小=2×2×2-①=⑦
大=3×3×3-(①×4+⑦)=⑯
大:小=16:7

問3

正三角形の個数を数えていく。
小=1+3×3+4=14
大=1×3+3×3+4+6=22
大:小=22:14=11:7
難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA