2015年度 千葉県公立高校入試【前期】理科解説

平均点57.1点
問題はコチラから→PDFファイル

大問1(小問集合)-72.6%

(1)ヘモグロビン 75.6%
*血が赤い理由。酸素の含有率が高いほど真っ赤、低いと暗赤色になる。

(2)エ 73.9%
*岩石は様々な鉱物から構成されており、各々の膨張率が異なることから、
昼夜の温度差から隙間 が生じ、その中にが入り込んで岩石を崩壊させていく。
このように岩石が崩壊していく作用を風化とよぶ。

(3)0.15A  74.5%
*オームの法則。I=E/R=3V÷20Ω=3/20=0.15A
AVΩは単位。公式はI(電流)・E(電圧)・R(抵抗)で使いこなせるようにしよう。
高校物理で苦労するよ!

(4)ア  66.2%
*燃料電池は社会にもでてくる。
エコカー普及のため、国が水素ステーションの設置に尽力している。

大問2(惑星)-44.9%

(1)エ  59.5%
*太陽系の惑星は、小さいけど密度が高い地球型惑星と、大きいけど密度が小さい木星型惑星に分類される。太陽に近い水金地火は地球型。

(2)図2…ウ 図3…エ  50.2%・59.0%
*ア、イは太陽の向こう側にあるため明らかな誤り。観察から図2→図3の順で見えたので、金星の公転の向きからウ→エ。金星の満ち欠け具合を判定するまでもなく秒殺。

(3)ア  10.7%!
*おそらく一番てこずるであろう問題。金星の方が公転速度が速い
金星が地球に迫ってくるときに宵の明星→太陽にかぶって見えない(図3)
→金星が地球を抜き去って距離を離していくときに明けの明星→太陽の反対側に隠れて見えなくなる。以下、繰り返し 。
6月で金星と太陽がダブり、7月から明けの明星が見え始める。
金星が地球を追い越してから、太陽の反対側にくるのは何日後かを求める

金星は1日で360/225°、地球は1日で360/365°同じ方向へ公転するので、
1日あたり(360/225°-360/365°)ずつ開いていく。
これを半周180°で割る。180÷(360/225-360/365)=293.3日・・約300日(約10ヶ月)後に見えなくなる。
イは5ヵ月後に金星が見えなくなる→アしかない。
テストでは概算で対処。360/225≒360/210=12/7、360/365≒360/360=1と変換。
これでだいぶ楽チンに。
概算なので正確な結果とズレが生じるが、7ヶ月以上の結果であればアと絞れる。
あとで計算してみたら360÷225=1.6 とキリ良かった。180÷(1.6-1)=300日と計算できる

大問3(物質の変化)-55.4%

(1)エ  61.2%
*下にあるガス調節ねじ→上にある空気調節ねじ。反時計回りで開く

(2)イ  91.2%
*溶解は均一。

(3)イ  56.3%
*ワインはアルコール飲料。手の甲にこすりつけると冷たく感じたのは、
蒸発しやすいアルコールの気化熱によるもの。
気体として浮かぶには熱が必要。周りの熱を吸収するので冷える
アルコールはヒドロキシ基(-OH)を持つ化合物なのでア×。

(4)解答例:水より沸点の低いアルコールが先に蒸発して、次第になくなっていくから。
4点―13.0%! 1~3点―5.8%  無答―8.8%
*解答例を見れば、そういうことか~と納得できるが、
いざ現場で書けといわれたら、”沸点”をどう使うか迷った方もいたのでは?
ワインの沸騰を理科の授業風にいえば、“アルコールと水の混合物を沸騰させる実験”
沸点の低いアルコールが先に気体になり、その後、水蒸気が多くなる。



大問4(力学的エネルギー)-48.2%

(1)140cm/s  53.8%
*8~13間は0.5秒で70cm。1秒間では2倍の140cm進む。

(2)h、i、j、k  77.6%
*完答式だが容易。運動エネルギー+位置エネルギー=一定である。
これを力学的エネルギー保存の法則という。
位置エネルギーが最小となるのは、高さが一番低いところ。

(3)B、ア  40.5%
*Bの方がストロボに写る金属球の数が少ない→Bが先にゴールへ着く。
グラフのエはひっかけ。縦軸が運動エネルギーだと正しいが、
前述の通り、力学的エネルギー保存の法則から力学的エネルギーは常に一定。
間違えると完答式なので、Bの正答が点数に反映されない悲劇。

(4)3/2倍  20.9%!
*ゴール時のAとBの運動エネルギーを求める。
スタート地点のグラフから運動エネ(0)+位置エネ(4)=4
ゴール時のAの位置エネは2なので、運動エネは4-2=2

ゴール時のBの位置エネは、高さ5cmなのでグラフから位置エネは1。
運動エネは4-1=3
よって、3/2倍。 2/3と凡ミスしないこと。

大問5(光合成)-68.2%

(1)葉緑体  92.3%
*光合成が行われるところ。クロロフィルとよばれる緑色の色素を含む。

(2)ウ  87.6%
*問題文を飛ばし読みしても解ける。

(3)解答例:光合成により二酸化炭素が減らず、呼吸によりかえって二酸化炭素が増えたから。
4点―24.4%! 1~3点―29.5% 無答―6.1%
*BTB溶液が黄色→二酸化炭素の増加で酸性。
青色→二酸化炭素が減少してアルカリ性

CO2 が減少しなかった理由を、オオカナダモのはたらきと関連して書けばOK。

大問6(物質の反応)-63.2%

(1)H2O  72.1%
*化学アレルギーのある人にとっては苦痛だが、過去問にでてきた反応式なので覚えておこう。

(2)イ  88.2%
*酸素+有機物→(光・熱エネルギー)→二酸化炭素+水
燃焼の反応は覚えておこう。アウは酸素、エは硫化水素など。

(3)エ  34.2%
*3回目までは二酸化炭素が発生した分、全体の量も減るが、4回目以降は1.00gずつ増えている。
つまり、4回目以降は塩酸が全て中和反応でなくなったので、二酸化炭素が発生しない
炭酸水素ナトリウムは弱アルカリ性pH値>7でアルカリ性

(4)ア  58.2%
*計算せずに即答可。

大問7(消化)-71.9%

(1)イ  58.9%
*デンプンは大きく、ブドウ糖は小さい。人体はデンプンをアミラーゼという酵素で麦芽糖に分解し、麦芽糖はマルターゼでブドウ糖に分解され、小さくなっていく。
セロハンは半透膜で、ブドウ糖は通過できるが、デンプンは粒子が大きいので通過できない

(2)エ  84.9%
*ビーカーにはデンプンがたんまり残っているのでヨウ素反応がおきる。

(3)エ  34.2%
*実験結果を見なくても、だ液に含まれるアミラーゼの内容そのもの。

(4)酵素  58.2%
*ペプシンはタンパク質、リパーゼは脂肪を分解する酵素。



大問8(水蒸気)-48.0%

(1)ア  31.4%!
*気温から室温→イは×。露点計だから水温のほう。

(2)ウ  41.0%
*気温が高くなるほど飽和水蒸気量が上がり、湿度は下がる。
16時に温度がMAXなので、湿度も16時まで下がる。

細かい計算抜きで解けてしまう。

ちなみに、温度が高くなると飽和水蒸気量が上がる理由は、
〔温度上昇→空気膨張→溶け込める水蒸気量が増える〕ではない。
飽和水蒸気量は1m3あたりに含まれる水蒸気量をgにした数値。膨張しても1m3あたりにひきなおされてしまうので、体積が増えたところで飽和水蒸気量とは関係ない。
高校化学の話になるが、分子は分子同士で微量に引き合う力(分子間力)がある。これを水素結合といい、この結びつきで分子が結合すると液体・固体となる。
一方で、H2O分子が熱エネルギーをもつと高い運動エネルギーを有し、活発に動くようになる。つまり、温度が上がれば、水蒸気は水素結合を振り切るほどの運動エネルギーを持ち、凝結せずに気体の状態を維持できるので、飽和水蒸気量も増えることになる。

(3)【1】露点 【2】ウ  76.3%、49.3%
【3】解答例:気圧が下がることで、空気の内側から外側に向かう力が、
外側から内側に押す力より大きくなるため。
4点―41.9% 1~3点―4.7% 無答―11.7%
*【2】入試にでてくる、空気が上昇する原因は、A:太陽光などによる温度の上昇、B:低気圧、C前線(冷たい気団が上に暖かい気団を押し上げる )、D:風が山の斜面に沿って吹き上がる、のいずれか。
【3】公式の解答をみると、「気圧が下がる」を書ければOKらしい。
厳密にいうと、気圧が下がると、外から空気を押す力が弱まる一方で、
空気内部から押す力は変化しないので膨張する。
高校入試ではここまで問われないとのことだが、内側から外側に向かう力が働くからこそ、物体が膨張するので覚えておこう。気圧の低下から空気が膨張すると、いわゆる断熱膨張で(外部と熱のやり取りなしでに、膨張による運動エネルギーの消費で熱エネルギーが消耗されて)気温が下がり、露点に達すると雲が形成される

大問9(光)-53.3%

(1)焦点  82.8%
*焦点距離は12cm。

(2)解説参照  4点―9.2%! 1~3点―5.3% 無答―9.6%
*作図問題。でも易しい。Bは焦点距離の2倍なので、実像も同じ大きさ
(実像は4マス分)
【1】光源から凸レンズに向かって横線、そこから焦点に向かって直線をひく。
【2】光源から凸レンズの中心を通るように直線をひく。
【3】光源から焦点に向かって凸レンズへ、そこから横線をひく。
3本の線が1点に交わるので、その交点にPの道筋と、実像の頂点がくる。

(3)ウ  44.9%

(4)虚像  76.1%
*ルーペの原理。 鏡に映る像も虚像です。
公立高校入試解説ページに戻る

◆menu◆ 公立高校入試…関東圏メイン。千葉だけ5教科あります。%は正答率。
難関中算数科…中学受験の要。数学とは異次元の恐ろしさ(;´Д`)
難関中社会科…年度別。暗記だけじゃ無理な問題がいっぱい!
難関中理科…物化生地の分野別。初見の問題を現場思考でこなせるか。
難問特色検査…英国数理社の教科横断型思考問題。
センター試験…今のところ公民科だけ(^-^;ニュース記事だけじゃ解けないよ!
勉強方法の紹介…いろいろ雑記φ(・・。)
QUIZ…☆4以上はムズいよ!
◆スポンサードリンク◆
株価が爆上げした『すららネット』様(*'ω'*)


noteも書いています(っ´ω`c)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote
サボのツイッターはコチラ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA