2019年度 神戸女学院中学部入試問題【算数】大問4解説

図は1辺の長さが10cmの立方体から、2つの三角柱を取り除いた立体の展開図です。
太線ははさみを使って切り、点線は折り曲げて、すき間のない立体を作ります。

(1)
この立体の体積を求めなさい。
(2)
この立体の表面積を求めなさい。


@解説@
これは大変:;(∩´_`∩);:
女子校でここまで空間認識が問われるとは・・。
(1)
立方体からどことどこに三角柱が切り取られているか。

底面の正方形の1つの角に三角柱が切り取られる。
もう1つは、この反対側にあって、底までは切り取られない。

左下の4cmは、2つ目の三角柱の下4cmのところ。
近くにある3cmは、2つ目の三角柱の底面の3cmで、
ここを中途半端に切ることで斜めの面をつくる。
10×10×10-
3×4÷2×10-3×4÷2×6
=904cm3

(2)
展開図で1面ずつ調べる手もあるが、立体から計算した方が良い。

立方体の表面積は、10×10×6=600cm2
切り取られた側面積は、(3+4)×10+(3×4)×6=112cm2
切り取られた底面と天井は、3×4÷2×2=12cm2
切り取ったことで生まれる斜めの面は、5×10+5×6=80cm2
600-112-12+80=556cm2
難関中(算数科)解説ページに戻る


note書いています(*'ω'*)
入試問題を題材にした読み物や個人的なことを綴っていこうと思います。
気軽にお立ち寄り下さい(*^^*)→サボのnote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA